釣行記⑦ 浜名湖のヒラスズキ

3月上旬 20:00~21:30 自由広場乙女園公園周辺
この日は公園周辺の船溜まりを攻めていました。
以前の記事で複数匹釣り上げて以来、何度か釣行を重ねていたのですがボウズが連発していてヤキモキ。この日もなかなか釣れずに苦しんでいました。
船の間を攻めては移動するというランガンスタイルでやっていたのですが、なかなか釣れずに移動を繰り返していると遠くのほうで軽快にロッドを振る音が聞こえてきました。近づいてみると若い男の子が釣りをしています。そして驚くのが彼の足元に転がる無数の魚たち。なんだこれと思ってみていると彼の竿に魚がかかりセイゴが釣り上げられました。
針から魚を取り外し地面にポイっ。
そしてまたキャスト。
しかも鼻歌交じり。

怖い(´・ω・`)

なんだこいつと思いながら見ていると向こうから声をかけられました。
なんでもこの近くに住んでいるそうで、友人に頼まれて今晩のおかずを釣っているのだとか。

話しながらもキャストの手は止まらず次々に魚を釣り上げていく彼。
めちゃうまい(´・ω・`)

「あっヒラだ」
と嬉々とした声を上げる彼。
シーバスには通常釣れるマルスズキのほかにヒラスズキという種類があり、そちらは特に美味しいのだとか。
彼は釣り上げる前に、魚の引きでヒラスズキと見抜いていたようで実際に釣り上げてみると
「やっぱりヒラだ」
と鼻高々。その後マルスズキとヒラスズキの見分け方を丁寧に教えてもらったのですがテンションに圧倒されて全然頭に入ってきませんでした。

満足した彼は地面に転がる無数のセイゴたちをかき集め帰っていきました。
嵐のような時間でした。

めちゃくちゃ釣りの上手い彼は今まで数々の釣りを経験してきて、最近ライトゲームを始めたのだとか。浜名湖周辺の釣りポイントをたくさん知っていて、私にもいくつか教えてくれました。私のタックルは結構安いやつを使っているのですが、聞いてみると彼のタックルは私以上に安いやつ。弘法筆を選ばずとはこのことですね。

彼と別れたのち、教わったポイントでキャストしてみました。

釣れぬ(´・ω・`)

まだまだ修行が足らんですな。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。