浜松で釣りをしていてロマンを感じる風景

釣りをしているときになんか「いいな」って感じる景色があります。
浜松の釣りで感じたそんな瞬間をまとめました。

表浜名湖編

舞阪港の街燈下

舞阪港も有名な釣り場ですね。暖色街灯があり夜の漁港はオレンジ色に照らされ非日常感があります。そんな中、船の間をネチネチと責めていると小さなメバルが釣れたりします。暗闇でオレンジの街灯に照らされた魚体は何とも言い難いセクシーさを持っています。

高架下

弁天島周りの高架下で釣りをしていると、時折電車や新幹線が轟音をあげて通過していきます。めちゃくちゃうるさいんですがそれがいいんです。潮が早い時なんか、うねる潮面と電車の轟音でドキドキしてしまいます。

釣り帰りの浜名大橋

浜名大橋から眺める浜名湖。
みんなビュンビュン飛ばすのですがゆっくり景色を楽しんで渡ります。
弁天の風景はどこかうら寂しくて、少し切なくなります。
釣れた日は心がホクホクなので大丈夫なのですが、
釣れなかった日はその風景が妙に心にキます。それがいいんです。

中浜名湖編

村櫛漁港に向かう車中

村櫛漁港に近づくと、釣り竿をもって歩いている釣り人をみかけます。
ガーデンパークのあたりですねえ。あそこは夜になると車がビュンビュンとスピードをあげ、殺伐とした雰囲気があります。深夜、オレンジ色の街灯下。猛スピードの車の脇でトコトコ歩く釣り人ってのはなかなかセクシーです。

奥浜名湖編

寸座での夜釣り

浜名湖を横断する高速道路を横目に釣りをすることができます。
奥浜名湖特有の静かで暗い雰囲気の中、高速道路を行き来する車のライトをみながら釣りをするのはなかなか癒されます。少し移動すると浜名湖サービスエリアの入り口があるため、寒い日にあたたかいサービスエリアめしを食べに行くと最高です。ド深夜や明け方、暖かい蕎麦を喰らいます!

遠州灘編

波打ち際に向かうときの砂浜

砂浜を歩くのにロマンを感じないわけがありません
道具を携えて釣り場に向かっているときはたまりません。
夏の休日、鬱蒼と茂る防風林の中の小径を歩き、目の前に海と砂浜が開けた瞬間。
好きです。

天竜川沿いを走っているとき

天竜川河口に向かう車中、風力発電用の風車がみえてきます。トキメキます。
近づけば近づくほどその圧倒的存在感にみとれます。この風車は昼と夜で全く別の表情をみせます。昼間の青空の下でみる爽快感ある風車も良し。夜中に怪しく光る風車も良し。私は夜中の風車派です。

真夜中の天竜川河口

夜中の河口は真っ暗で、轟轟とまわる巨大風車の音も相まって少し不安な気持ちになります。だだっ広い真っ暗な砂浜に小さな明かりがひとつみえるときがあります。
「おーやってるなー」という安心感というか仲間意識というか。好きです。
以上(´・ω・`)

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。