浜名湖でメバリングをするために買ったもの②

前回に引き続きメバリングで買ったものをお伝えします。

リール

・国内2大メーカー
国内では”ダイワ”というメーカーと”シマノ”という二つのメーカーのリールが大きなシェアを占めています。それぞれに熱烈なファンがいて、ダイワ派の人がいたりシマノ派の人がいたりします。私はロッドをダイワのものにしたのでリールもダイワの中から選びました。
・2000番のリール
ロッドよろしくリールも恐ろしいくらい種類が多いです。
メバリングなどのライトゲームには2000番あたりの番手のリールが丁度よいそうです。
同じ2000番のリールでもお値段がピンキリでしたので私は1万円前後のものの中から選びました。ダイワ、2000番、1万円ぐらい。この条件を満たすものですね。
・アジング・メバリング専用モデルなるものがある
更にリールにも魚種専用のモデルがあることがわかりました。
こうやって事細かに専用モデルを出すことでたくさん買ってもらいたいんですね。
嫌いじゃない(‘ω’)
ダイワの月下美人MX2004。1万3000円。これにしよう。

ジグヘッド

こちらは店員さんにおまかせ。
誰でも使いやすく、よく釣れるということでメバル弾丸というものを購入。
重さもいくつか用意しておいたほうがいいらしく
0.4g~2gの間でいくつか購入しました。

ワーム

これを選ぶのが一番楽しかったです。
形状、色がどれも違い様々な種類があります。
蓄光仕様だったり、ラメが入っていたり、リアルな形状だったり……
それぞれに売りがあるんですねえ。
私はロッド、リールともに月下美人というモデルを購入しました。
そしてなんとワームにも月下美人というモデルが!
思わずそれを買ってしまいました。

合計

前回の記事で紹介したロッドとライン、今回紹介したリールと仕掛け類、
これらすべてでだいたい3万円くらいでした。

なかなかの値段になってしまった(´・ω・`)

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。