タックルの値段

前回の記事で釣り名人の男の子に会った話をしました。
彼の使っている道具はなかなかお値段の安いもので、それを自分なりに改造して使っているようです。美しい手さばきでバンバン魚を釣っていく彼の姿をみていると、高い道具を使えばいいというわけではないのだなあと思わせられるのでした。

YouTuberという言葉が聞かれるようになって久しい今日この頃、私はそういったものにはあまり詳しくなく、YouTubeも熱心に見るほうではないのですが、唯一定期的にチャンネルを訪れ動画をみてしまうYouTuberがいます。
主に浜松での釣りの様子をアップロードされている井嶋あきらさんという方がいるのですが、この人はほんとうに釣りの知識が豊富で、様々な釣りの仕方で様々な魚種を釣り上げます。釣りを始めた当初からこの方の動画をみて大変勉強させていただきました。かなりベテランの方で、道具もたくさん持っているようなのですが、この方の面白いところはあえて激安のロッドやリール、ルアーなどを使った釣りも楽しんでいるところです。当然高い道具もお持ちなのでしょうが、それでは飽き足らずに100円均一に売っている釣り具を買って釣りにおもむき、見事に魚を釣り上げてしまいます。その姿がとても楽しそうで、みているこちらも楽しい気分にさせられてしまいます。

私の職場には釣り好きのおっちゃんがいて、そのおっちゃんは高いもの至上主義です。私がなにかを購入しようとするととにかく「安物は買うなよ」と釘を刺しまくってきます。実際におっちゃんはロッドやリールなどは結構高いものを使っているようで、ウェアも釣り具メーカーの高いものに身をつつみ、メゴチばさみやメジャーなどの小物もブランドの高いものを買って携帯しているようです。ショップのメルマガに登録していて、新しいルアーの情報が入るとすぐに飛んで行って買います。釣りの腕前もあり、大きなヒラメをバンバン釣っています。そしてとてもうれしそうな顔で「この道具のおかげだ」と言っています。

私はウェアをばっちり決めている釣り人が苦手です。例えば、シマノやダイワのウェアにばっちり身を包んでいる人をみると近寄りがたいなあと思ってしまいますし、そもそもダサいなあとも思ってしまいます。mazumeなどの若者向けのウェアに身を包んでいるおじさんなんかをみかけるとこちらが恥ずかしくなってしまいます。どうやら私はがっちりキメキメということに抵抗があるようで、ジャージにクロックスみたいなみすぼらしい格好で釣りに行き、結局のところ一番ダサい釣り人に成り下がっているわけなのですが。
タックルについても高性能な高いものが欲しくてしょうがなかったのですが、安いものを大切に使って、魚を釣り上げるのもかっこいい気がしてきました。

価値観はひとそれぞれですねえ。
ライトタックルオンリーだったのですが、もう少し大きな魚を狙えるタックルを購入しようかなあと考えていた4月ごろ。こんなことを考えていました。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。